第4回FSLレポート

フォークソング

第4回KKRホテル札幌 フォークソングライブレポート
於 平成23年11月27日(日) 16:00~「2F孔雀」

 

8月21日の第3回目から3ヶ月が経ち11月27日(日)に第4回目のフォークソングライブを開催しました。
レポートを書きましたのでお読みください。
今回はいつもの3階「鳳凰」から初めて2階「孔雀」に会場を移しステージ・PAを設営。
前回より狭い会場ですが、それが逆にいい雰囲気になりました。
それと今回参加者が私達スタッフを含め32名になりました。
前回の冒頭「次回は参加者を何とか20名以上にしたいな!」と皆さんに協力をお願いしたところ手作りポスターを作っていただいたり、ご自分のブログに今回のイベントを載せていただいたり、お友達に声掛けしていただいた結果このように目標を大幅に上回ることになり感謝!
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

参加者が増えたので演奏希望者も過去最多の7組となり、まずは抽選で演奏順番決めを行い、その後今回特に参加者増強作戦にご尽力いただいたAMAG’Yさんに乾杯の音頭をとっていただきスタートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップバッターはグループ名「KKRファンクラブ2号」さんです。→
メンバーは常連の片平さん・佐藤さんユニットに第1回に参加していただいた室山さんと前回から参加の大原さんを加えた4人です。
演奏は4曲「サルビアの花」・「あの人の手紙」・「冬が来る前に」・「悩み多き者よ」と前回までは60年・70年フォークが中心でしたが80年代も交えた選曲を披露してくれました。

 

 

 

↓2番目は小泉さんバンドです。小泉さんと太田さんは常連のお二人で、今回はギターに初参加の石田さんが加わり、前回小泉さんはギターでしたが本職のベースでの演奏です。
石田さんのギターがストラトモデルなんですがボディーに綺麗な装飾がされていて皆さんから「すごいなー」と声が上がってました。
演奏曲はビートルズナンバーで「Till There?Was You」でスタートです。「All my loving・Please Please Me」のメドレー・「悲しい街角」・「Stand By Me」・「真冬の帰り道」・「Pretty?Woman」と懐かしい曲を披露してくれました。驚いたことに演奏順も決めていなかったそうですが、息のあった演奏は経験の賜物ですね。

↓3番目は2回目以来の参加の岡崎さんです。髭を蓄え雰囲気を醸し出しての演奏スタートです。1曲目は「いとしのエリー」前回も披露していただきましたが、さらに熟成された演奏でした。次はアリスの「遠くで汽笛を聞きながら」そしてラストは陽水の「心もよう」と3曲を披露していただきました。練習の成果が本当に出た素晴らしい演奏でした。

 

 

↑4番目はAMAG’Yさんの登場です。最初に述べましたが、今回早くから参加者を増やす為に色々動いていただきました、本当にありがとうございました!1曲目は及川恒平の「サーカスゲーム」・NSPの「冬の花火はおもいで花火」・加川良「百円札」・かぐや姫「雨に消えたほゝえみ」・西岡たかし「風が何かを」と決めてくれました。

いつもの通り演奏も曲間の語りも非常に慣れていて観ている方々を楽しませてくれるステージでした。

 

←5番目は、村田さんです。2回目から連続参加していただいてます。今回お仕事の関係でぎりぎりまで参加できるかどうかでしたが無事参加できることになりました。村田さんからもこのイベントが楽しみと言っていただいてますので本当に良かったです。
1曲目はふきのとう「雨降り道玄坂」でスタートです。井上陽水「帰れない二人」・スターダストレビュー「今夜だけきっと」等フォークからポップスまで幅広い選曲で楽しませていただきました。

 

 

 

 

 

6番目は今回初参加の嶋田さんです。→

嶋田さんはご自分でもライブイベントを主催しており2ヶ月に1回のペースで実施しているそうです。
当方のこのライブに参加するのも大変楽しみにしていただいてたそうで、今回をきっかけに今後良いつながりが出来ればいいなと思います。
今回は全て吉田拓郎の曲で「襟裳岬」・「制服」・「友達」の3曲を披露してくれました。
嶋田さんはとても優しそうな印象の方で歌にもその雰囲気が出ててすごく良かったです。

 

 

 

最後7番目も今回初参加の「健&雄」のお二人です。健さんは白石区で「ありがとう」というお店をやっており、前の嶋田さんのイベントも健さんのお店で行なっておるそうです。今年で10周年を迎え当日参加の方々も結構お店に行ってるみたいで、とてもいい雰囲気のお店と聞き私もぜひお伺いしたいなと思いました。相方の雄さんは、お仕事で当方KKRに年に数回来ているとのことで「仕事以外で来るとは思わなかった」そうです。
曲は、関西フォークのザ・ディランⅡの「ガムをかんで」・「時は過ぎて」そして古井戸の「千鳥足」・「いつか笑える日」を披露してくれました。
健さんの歌と雄さんのギターが作り出す雰囲気がソロとは違ういい感じで素晴らしかったです。
当日は健さんのお店でもイベントがあり最後までいることが出来ませんでしたが次回はぜひ最後まで残っていただいて楽しんでもらいたいと思います。

 

7組の熱演が終了し、後半のお楽しみ「フリーセッションタイム」に突入です!
早速、AMAG’Yさんと片平さんのユニットが登場です。さらに太田さんも参戦しセッションが始まりました。
特にAMAG’Yさんは今回の参加者の方々の数名と事前にセッションタイムで演奏する曲を打合せ済みで冒頭色々な組み合わせで見事な演奏を披露し皆さんの心にセッション願望の火をつけてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると、次々と演奏希望者の方がステージに馳せ参じる状態になり、いつの間にかステージ前のテーブルが順番待ちの待機場所いわゆる「ネクストバッターズサークル」(笑)になるくらいの状態と化しました。
今回も演奏希望ではなく参加していただいている方が半数以上でしたが、セションタイムではその方々もギターを弾いたり、歌ったりほぼ全員が一度はステージに立ったことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれ皆さんも演奏希望で披露していただける時が来るのではないでしょうか?

楽しい時は時間が経つのが早いもので、気が付けば終了の時間です。終わるのが残念ですがラストは恒例の全員合奏・合唱です。
今回は「遠い世界に」(AMAG’Yさんの選曲です)で大盛り上がりのエンディングとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


皆さん楽しそう!ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に村田さんに締めの乾杯をしていただき、「次回もぜひ集まりましょうね!」との言葉をいただき4時間のイベントが無事終了しました。次回は来年2月を予定してます。このイベントがスタートして1年を迎えることになりますので内容を充実させより楽しい会にしていきたいと考えてます。(もちろん敷居は低く誰でも参加できる会です)

蛇足ですが、お約束をしていたので私も中学生の学園祭以来のアコギ弾き語りをさせていただきました。練習はそこそこしてきましたが、いざ人前に出るとやっぱり頭が真っ白になってボロボロでした。でも、一度演奏しちゃうと癖になりますね。次回もなんとか演奏できるように練習したいと思います。
太田さんサポートありがとうございます!

 

 

 

《ご案内》
次回は、2月19日(日)を予定しております。
会費は男性3,000円・女性2,500円(おつまみ・フリードリンク付)
時間は16:00~20:00
お問合せお待ちしております。

お問合わせ先はコチラ

電話 011-231-6711
Email:h_moriya@kkr-hotel-sapporo.com
管理課 森谷英令

次回レポート≫

PAGE TOP