第8回FSLレポート

フォークソング

11月23日(金・祝)に第8回目のフォークソングライブを開催しました。

レポートを書きましたのでお読みください。

今回は久しぶりに3階「鳳凰」で開催となりました。 そして私たちを含め26名の参加となり、全回より10名も増えてうれしい限りです。 さらに、なんと前回演奏希望者は過去最大15組20名です。 ということは、ほとんどの方が演奏希望です!そこで皆さんには2曲限定で演奏していただく協力をお願いし後半のセッションタイムを確保できるようにしました。

 

 

開会前に演奏順番をくじ引きで決定。

さあ!開始の乾杯は今回第2回目から参加の佐藤仁さんにお願いしてスタートです!

トップバッターは佐藤さんの入っているグループ「KKRファンクラブ2号」さんです。 メンバーは皆勤賞の片平さんと常連の中瀬さん・PAを提供して頂いている常連の大原さん(いつもありがとうございます!)の4人編成です。2曲とも五つの赤い風船の曲「遠い世界に」・「血まみれの鳩」を聞かせてくれました。 佐藤さんは何とこの2曲を演奏するためにオートハープとリコーダーを自ら購入したそうで、どちらも欠かせない楽器とのことです。 素晴らしい響きの熱演でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2番目は昨年11月の第4回から連続参加の嶋田さんです。今回は吉田拓郎作曲のキャンディーズの「かわいい悪魔」を1曲目に聞かせてくれました。続いて2曲目も拓郎の「流星」。やはり嶋田さんは拓郎が大好きなんですね。それとギブソンのギター今回もい~い音で鳴ってました!

 

3番目は石黒さんです。 石黒さんも昨年11月の第4回からの連続参加の常連さんです。前回は谷さんグループの一員としてでしたが、今回初めてソロでエントリーです。「すごく緊張してます!」と言ってましたが、吉田拓郎「早送りのビデオ」・「マークⅡ」を聞かせてくれました。 石黒さんもやはり拓郎が好きな方で、本当に拓郎は影響力のあるミュージシャンだと改めて思いました。

 

4番目は今回初参戦の小林さんです。1曲目はやはり拓郎の「リンゴ」です。ギターはギブソンで、素晴らしいフィンガーピッキングで聞かせてくれました。2曲目は斉藤哲夫の「日の丸」でこちらもバッチリでした!それと、演奏の後ギターの話になり私が当日持参したチャキのP-100が気になっていたそうで、他の方もそうですがギター好きな方がやっぱり多いので各自持参されるギターについて話しても時間が尽きないんじゃないかなと思います。

 

5番目は常連岡崎さんです。 1曲目は因幡晃の「わかって下さい」です。フォークでは無いのでいいですか?とコメントしてましたが「全然問題ない!」と会場満場一致でした。「ジャンルを問わない」が当会のポリシーですので大丈夫です。2曲目は山本コータローとウィークエンド「岬めぐり」を聞かせてくれました。

 

6番目は美川さんです。なんと今回初の夫婦デュオで参戦です。1曲限定でフォー・セインツの「小さな日記」を仲睦まじく披露してくれました。奥様も今まで参加はされてましたけど、ずっと聞く側でしたのでステージに立っていただけるとは感動ものです!!次回もお願いしますねm(__)m。

 

7番目は最近私の相棒も務めてくれる成田さんです。今回はクリスマスをテーマにした2曲を演奏してくれました。1曲目は成田さんが大好きだという竹内まりや「SPECIAL DELIVERY~特別航空便~」・2曲目は渋くメル・トーメの代表曲「The Christmas Song」をjazzyに演奏してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて8番目は第6回以来の参戦「歌酔倶楽部ありがとう」のマスター高嶋さんです。曲は友部正人の「一杯飲屋の唄」と斉藤哲夫の「昨日・今日・明日」を披露してくれました。マスターの演奏はいつも素晴らしく、本当にフォークが好きなんだなと感動してます!

9番目は初エントリーの佐藤学さんです。関西弁のトークで場を盛り上げての演奏です。1曲目はチェリッシュの「なのにあなたは京都にゆくの」です。続いてオリジナル曲「人生上っ面」を熱演してくれました。

 

10番目は6回から連続参戦のK-YANさんです。かぐや姫の正やんが好きでステージネームをK-YANにしたそうです。1曲目は風の「男は明日はくだけための靴を磨く」・2曲目はかぐや姫の「にぎやかな夕暮れ」と聞かせてくれました。穏やかな語り口なK-YANさんですが熱い演奏でした。

 

11番目は初参加の大岡さんです。持参したギターが壊れてしまったため嶋田さんのギブソンを借りての演奏です。(大岡さんは「貰った」と言ったところ会場大受けでした!もちろん嶋田さんは焦ってましたが)。1曲目は拓郎の「春を待つ手紙」・2曲目は岡林信康の「君にささげるラブソング」を聞かせてくれました。

 

 

12番目は前回初参加で、今回ソロでエントリーした鈴木さんです。かなり緊張してましたが会場の皆さんの温かい声援で演奏スタートです。さだまさしが好きで1曲目は「秋桜(コスモス)」を披露、2曲目はSMAPの「夜空ノムコウ」を演奏しました。 女性では唯一のソロでしたが男性とは違う優しさがにじみ出た演奏で良かったです。

 

13番目は第2回からの常連村田さんです。今回初めてエレガットギターを持参での演奏です。1曲目は大好きなオフコースの「秋の気配」・2曲目はやはり拓郎のマニアックな曲「Voice」を熱演しました。いつものアコギもいい音で演奏する村田さんですが今回のエレガットも雰囲気があって素晴らしかったです。

 

 

そして最後14・15番目になりました。

 

 

 

 

 

 

 

演奏は今回グループとしては初参加のY3さんです。他のお二人より先に昨年からの参加メンバー「西やんさん」が参加しているグループで、南こうせつとかぐや姫を愛し曲を演奏している知る人ぞ知るグループとのことです。Y3の由来は全員「ゆうじ」という名前だからそうで、同じ名前でかぐや姫が好きでグループを組むことになるとは何か運命的なものを感じますね! 最初の1曲はメンバーの神野さんがソロで、吉田拓郎の「今日までそして明日から」を聞かせてくれました。バンドではベース担当ですが弾き語りも素晴らしかったです。 残り3曲をY3さんでの演奏です。ボーカルのオダギリさんは語り口も「こうせつ」に似てましたが、歌うともっと似ていてびっくりしました。曲は「この秋」・「加茂の流れに」・「神田川」とコーラスと西やんさんのギターとマンドリンもバッチリで息の合った素晴らしい演奏に感動しました!

 

 

15組が終了し、後半のお楽しみ「フリーセッションタイム」に突入です! いつも通り、私が進行しなくても途切れることなくステージに上がり、皆さん即席ユニットを結成したりソロで演奏したりで楽しんでいました。私も持参したチャキP-100を成田さん・片平さんと一緒に弾かせていただきすごく楽しませていただきました。そして終了予定時間があっという間にやって来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は恒例の「ほぼ全員ステージ上大合奏」で終了しました。今回は「あの素晴らしい愛をもう一度」です。皆さん楽しそうに思いっきり歌って・ギターを弾いてました。

いつも時間が経つのが早く名残惜しいですが締めの乾杯を今回私と演奏していただいた成田さんにお願いし是非再会しましょうとの発声で無事終了いたしました。

 

それと冒頭の乾杯で佐藤仁さんから「次回は自分がギターなどを弾くきっかけになった曲、いわゆる自分のルーツの曲を演奏しませんか?」とお題をいただきましたので、次回が楽しみです。

 

 

《ご案内》
次回は2月24日(日)を予定しております。

会費は男性3,000円・女性2,500円(おつまみ・フリードリンク付)
時間は15:00~19:00
お問合せお待ちしております。

お問合わせ先はコチラ

電話 011-231-6711
Email:h_moriya@kkr-hotel-sapporo.com
管理課 森谷英令

PAGE TOP