第9回FSLレポート

フォークソング

fork fork fork
fork fork fork
fork fork fork
fork fork fork
fork fork fork
fork fork fork
fork fork fork
fork fork fork
fork fork fork
fork fork fork

2月24日(日)に第9回目のフォークソングライブを開催しました。

レポートを書きましたのでお読みください。

 

今回は2階「孔雀」で開催となりました。

私たちを含め30名の参加となり、前回よりも多い参加でした。

今回演奏希望者は8組、各組15分の持ち時間での演奏となりました。

 

いつもの様に開会前に演奏順番をくじ引きで決定。

 

開始の乾杯は第1回目から参加(皆勤賞!)の片平さんにお願いしてスタートです!

また、前回片平さんのグループの佐藤さんより「自分がギターを始めたきっかけになったルーツの曲」を演奏しようというテーマをいただいていました。皆さんどんな曲を 演奏してくれるかとても楽しみです!

 

トップバッターは村田さんです。

第2回目からの参加です。実は私と同じ年齢ですがギターの腕前・歌ともはるか上級者で、フォーク系の引き出しもたくさんお持ちです。お願して後半のセッションリーダーも務めていただきました。

P1020176

まずは音楽を始めた話を、「最初は体が小さいからとウクレレをお姉さんに勧められて弾いてました、多分加山雄三の曲を弾いていたと思います」ということで加山雄三の「お嫁においで」をウクレレで聞かせてくれました。実は私もウクレレを弾くのですが数段上手でした。2曲目は初めて女性の曲を演奏するそうで五輪真弓の曲「少女」・最後に泉谷しげるの「眠れない夜」を聞かせてくれました。

2番目は昨年8月の第7回以来の参加の谷さんです。 

今回はソロデビュー!です。こうやって、最初は演奏エントリーしていなかった方が演奏したいと思っていただけるようになってきたことが、続けてきてよかったと一番思うところです。 谷さんは61歳からギターを始めたそうですが、当日来場されていた同年代の方にも「是非やってみたらどうですか?」と勧めていました。1曲目は岡林信康の「流れ者」、2曲目は吉田拓郎の「いつか夜の雨が」を熱演してくれました。

3番目は小笠原さんと古川さんと石黒さんのトリオです。いつもは2番目の谷さんと小笠原さん・古川さんがグループで、石黒さんはソロで演奏していましたが、今回初めてトリオを組んで参戦です。後で判ったんですがグループ名を「おじさんズ」にしたそうです。

今回のために集まって練習をしてきたそうで、1曲目はヴィレッジ・シンガーズの「亜麻色の髪の乙女」・2曲目はマイペースの「東京」を披露、練習の成果をバッチリ聞かせてくれました。

皆さん同世代でこの会を通じて友達になって一緒に演奏をするという、理想的なグループ結成で私もとても嬉しい思いでいっぱいです。是非これからも続けて欲しいと思います。

4番目は嶋田さんです。小学校の時にギターを始めて高校生の時に部活に打ちこんでギターをぱったりやめていたそうです。何と3年前から再開して、今は積極的にいろんな活動をしているそうです。1曲目はやはり拓郎の「旅の宿」です。2曲目は「シンシア」3曲目も拓郎の「落陽」でこちらもバッチリでした!

 

嶋田さんから私に「この会の掲示板を作りませんか?自分が管理してもいいですよ」と提案していただきました。会終了後早速嶋田さんから掲示板を作りましたと連絡があり、他のメンバーの方にもメールで案内し3月1日からスタートできました。嶋田さんありがとうございます。

5番目はK-yanさんです。1曲目は松山千春の「初恋」・2曲目はさだまさしの「精霊流し」の裏面の曲「哀しみの白い影」・最後に高橋忠志の「すみれ」を聞かせてくれました。

 

いつ聞いても優しい雰囲気で聞かせるK-yanさんの世界でした。

6番目は岡崎さんです。なんと今回、岡崎さんも石黒さんとデュオ演奏をすることになりました。石黒さん引っ張りだこですね!1曲目はビリーバンバンの「さよならをするために」を披露してくれました。2曲目はソロで井上陽水「少年時代」を演奏です。

自分を「AOB65」と言ってましたが、意味はAcoustic・Old・Boyとのことで会場の笑いをとって和ませてました。

素晴らしい演奏でしたよ!

7番目は片平さん・佐藤さんの入っているグループ「KKRファンクラブ2号」さんです。メンバーは常連の中瀬さん・PAを提供して頂いている常連の大原さん(いつもありがとうございます!)の4人編成です。1曲目は佐藤さんと中瀬さんのデュオでアリスの「終止符」を演奏です。片平さんと大原さんが加わり2曲目は中島みゆきの「かなしみ笑い」・最後に五つの赤い風船の「これが僕らの道なのか」を演奏してくれました。今回佐藤さんからのお題「自分がギターを始めたきっかけになった曲」ということでしたが、佐藤さんは60年代フォークが好きで、実は新しいギターを最近購入し今回持参しました。ギブソンのピートシガー・シグネーチャーモデルです。好きなミュージシャンと同じギターを持ちたいという願望は私もよーくわかります!でもギブソン羨ましい!!

最後8番目は美川さんご夫婦です。美川さんは3回抽選して2回がラストを引くというと強運?の持ち主で、前回からは当会初の夫婦デュオでの参戦です。曲はペドロアンドカプリシャスの「五番街のマリー」です。「KKRファンクラブ2号」の佐藤さんと大原さんがギターとカホンで一緒に演奏です。2曲目は3番目の小笠原さん・古川さん・石黒さんの「おじさんズ」とかぶりましたがヴィレッジ・シンガーズの「亜麻色の髪の乙女」を聞かせてくれました。過去にもありましたが「そうです!かぶってもいいんです!!」、皆さん気にしないで演奏してください。

お二人はご夫婦ですから自宅で練習できますよね!本当に仲睦まじくていいですね。

 

8組が終了し、後半のお楽しみ「フリーセッションタイム」に突入です!

いつも通り、途切れることなく次々と皆さん即席ユニットを結成したりソロでステージに上がり演奏を楽しんでいました。

各テーブルでも話がはずんで盛り上がっていい雰囲気です。

本当に時間はいくらあっても足りないですね(^_^;)

終了予定時間があっという間にやって来ました。

最後は恒例の「ほぼ全員ステージ上大合奏」で終了しました。今回はチューリップ「心の旅」で、皆さん楽しそうに思いっきり歌って・ギターを弾いてました。

 

名残惜しいですが締めの乾杯を村田さんにお願いし是非再会しましょうとの発声で無事終了いたしました。

《ご案内》

次回は5月26日(日)を予定しております。

会費は男性3,000円・女性2,500円(おつまみ・フリードリンク付き)

時間は15:30~19:30

 

お問い合わせはコチラ

電話 011-231-6711
Email:h_moriya@kkr-hotel-sapporo.com
管理課 森谷英令

 

次回レポート≫ 
フォークソングトップへ戻る≫

PAGE TOP